これも何かの縁

ピアノとマンガの道を歩んできたハヤシのエッセイ・イラスト・物語集

創作・表現について

パクリ問題☆少年ガンガン新人賞漫画作品に盗作された『マルドゥック・スクランブル』

マンガや小説のパクリ問題、余談として話題の星海社について語る。冲方丁『マルドゥックシリーズ』の外伝・短編小説が少年ガンガンの新人賞作品に盗用。

作家志望の人、必見!参考になる創作関連記事を紹介

物語創作する人、必見。ワシも考えさせられたぞ。面白くない物語の作り方、作家・三秋縋氏および藤子不二雄氏の言葉紹介。世間が良しとする価値観から外れた人間の話、そんな人が救われる話が読みたい。

マンガ裏話・漫画貧乏☆「はじめの一歩」異変?

漫画家と契約の話。漫画原稿料や印税、源泉徴収されたら確定申告で取り戻そう。アシスタント代もバカにはならない、原稿料だけでは赤字。ハヤシの漫画連載時の話もあり。

オタクの権利とパンティのシワ☆エロ漫画について語る

『夢をかなえるゾウ』おすすめ。その作者・水野敬也氏のブログ記事に異論アリ。また、ヤングチャンピオン時代、ワシのサスペンス風・エロ漫画体験話をする。

パンティは語る☆上手い絵とは~(真面目に語る)

マンガの演出について語る。中川いさみ氏の漫画家再入門「セックスシーンを脱いだパンツから始めてはならない理由」、かっぴーさんについて語ったコルクの佐渡島康平氏の記事「うまい絵とはどういうことか」について。

『別冊図書館戦争2』☆地味で目立たない・惨めに救いなしで終わるキャラ

別冊図書館戦争2に登場する『水島さん』がかわいそう。水島さんの性格が自分とリンクするところもあるからかも。作者から嫌われてしまったキャラについて語る。

腐女子を悪しざまに描いた『恋愛小説』(椰月美智子)にうすら寒さを感じた

オタク女子(腐女子)に喧嘩を売っているような内容の『恋愛小説』。オタクに対しての気持ち悪さだけがしつこく描かれ、オタクが傷ついている様子が一切ない。オタクへの侮蔑を正当化するある種のイジメ小説だった。

原作小説と違う・バルサが美人な件について☆『精霊の守り人』『獣の奏者』を語る

小説が映像化された作品になると違和感あったりする。『精霊の守り人』のバルサ、『野ブタをプロデュース』の野ブタなど。主役級は美人やイケメンばかりの映像作品に違和感。

ジブリつまらなくなったよな☆『獣の奏者』『風立ちぬ』VS『とある飛空士への夜想曲』

「とある飛空士への夜想曲」「獣の奏者」やジブリアニメ「風立ちぬ」と較べっこ。主人公……酷い男はどっちか?ベジータ風の千々石VS淡々な堀越

創作系の人、必見!『とある飛空士への夜想曲』

創作側の視点から『永遠のゼロ』のラノベ版と言われる『とある飛空士への夜想曲』について語る。主人公にドラゴンボールのベジータを見た気がするぜ。

キャラの死☆切ない系の物語を紹介

「四月は君の嘘」「君の膵臓を食べたい」などヒロインが死ぬ系&切ない系の物語をよく見かける。おすすめ作品を紹介しつつ、キャラの死ということで「クロノトリガー」「さらば宇宙戦艦ヤマト」、NHK朝ドラ「ひらり」についても語る。

はじめまして☆漫画イラストと自己紹介

音大ピアノ科出身の「音吉君のピアノ物語」(週刊少年サンデー)作者ハヤシのマンガ歴とイラストを紹介。学生時代~デビューするまで、漫画について思うことを語る