これも何かの縁

ピアノとマンガの道を歩んできたハヤシのエッセイ・イラスト・物語集

人間関係

Me too~セクハラ・恋愛トラブルがコミュニティを壊す

イケハヤさんの弟子が代表を務める団体ONEれいほくで、セクハラ問題が起きたようで、コミュニティや人間関係、代表の責任について述べる。過去、ワシもピアノコミュで男女トラブルがあったっけ。

年賀状―人間関係って難しい

年賀状は職場関係者のみ。友だちがいない静也と理沙。実は人間関係を築くのが苦手。成人式の苦い思い出がよみがえる。

他人の不幸は蜜の味☆友だちはいなくていい

いじめ・差別・蔑視は、もう仕方ないこと、人間の性じゃ。闘うのもいいけど、えげつない世間との距離の置くのもいいかもしれない。「他人の不幸は蜜の味」は脳科学的にも立証されているとのこと。

友人・彼氏彼女ができない☆人つきあいの難しさ・フェイドアウトよりもブロックで縁切り

人との出会いの機会を与えてくれ、そして簡単に切ることもできる。ネットの登場で、そんな世の中になり、こんな言葉が生まれた。『ゴースティング』――恋人や友だちから説明もなく連絡を絶たれることを言うらしい。

不幸にならない秘訣☆だからこそオタク道・他者に無関心なオタク VS 関心あり過ぎてマウンティングする人

今まで、いかにオタクが世間から嫌われているかを語ってきた。 が、視点を変えれば、オタクって意外と幸せかもしれない。 あれだけ世間から害悪視され、「モテなくなるよ」と脅されても、「気持ち悪い」とけなされても、オタクは減るどころか、オタク文化が…

オタクが嫌われる理由・発達障害との関係☆アニメ監督・山本寛氏の「オタクは虫けら」発言

「ええ歳こいてアニメ観てるような人間は障害者」「いや、虫けらだ」と言う山本寛氏。 何で、いかにもオタクが好きそうなアニメ作品の監督やっているんだろう? こうやってオタクを嫌悪する人の中に、自分自身も『オタク要素』がある人(いわゆる作家・クリ…